診療について|加藤乳腺クリニック

ホーム > クリニックについて > 受診される方へ > 診療について

クリニックについて 受診される方へ

診療について

最善の方針とは何かを考えます

乳腺専門のクリニックでは乳房・乳腺の病気や悩みを解決する最善の方針を考えます。
乳がんだけをとっても検診や診断と治療だけではありません。乳がんの予防や乳房を喪失した方の再建や再発乳がんの治療など多くの関連した分野があります。最近は乳がんが日本女性の悪性腫瘍で最も多いといわれます。しかも比較的、若い女性にみられることも特徴です。
診断は触診・マンモグラフィ・超音波検査などで行われます。マンモグラフィは専門資格を有する女性技師が片方ずつ機械で乳房を圧迫して撮影します。しこりにならない3mmのがんでも診断できる大切な検査です。石灰化所見からしこりにならない早期乳がんはマンモトーム生検という専門機器にて診断できることがあります。
検診を受けるタイミングは乳房に痛みがある場合は生理が終わった後5日目から10日目あたりに受診されるといいでしょう。
もし、乳がんであれば手術による外科治療が最も有効な方針となります。
乳がんは薬物療法や放射線治療によく反応するタイプのものが多いので、これらの治療を組み合わせて再発予防や進行を抑制する治療がなされます。また授乳期の乳腺のトラブルや乳房の形に関する悩み(陥没乳頭や大きさに関するコンプレックス)も対象になります。専門性は設備や人的レベルによると考えます。
当院は専門性にこだわり、Total breast managementのコンセプトを実現してまいります。

加藤乳腺クリニックの特徴

加藤乳腺クリニックは日本でも数少ない乳腺内視鏡手術を行う専門クリニックです。乳がんの診断と治療に最新の機器や情報の導入を積極的に行っております。
スタッフの多くが専門性を高めており、各種認定資格を有する乳腺診療のprofessional teamです。
また、乳がんのみならず乳房や乳腺に関するあらゆる症状や心配に対応しております。Total breast managementが当院の診療理念です。
専門施設として
日本乳癌学会認定施設
マンモグラフィ精度管理中央委員会 画像施設評価 A認定
日本麻酔学会認定施設
日本外科学会関連施設
を取得しております。
また、2011年現在の年間乳癌手術件数は373例で関西圏では乳がん年間手術件数が第1位(全国で第17位)となっております。

Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file (trust)/modules/treemenu2/blocks/b_functions.php line 127 (1)
Deprecated [PHP]: Assigning the return value of new by reference is deprecated in file (trust)/modules/treemenu2/blocks/b_functions.php line 165 (1)